FAM(Fashion/Art/Music)

FAM(好きなことで生きるなかまたちへ)

好きなことで生きていく、なかまたちへ

土曜出勤のメリット

どーも、アパレルヤクザのピロミです。

 

私の働いている会社は隔週で土曜出勤日があります。

週一の休みだとかなりしんどかったのですが、仕事がはかどる面では結構土曜出勤も悪くないし、その日に関してはむしろ好きでした。

 

通勤が楽になる

土曜日が休みの会社が多いので、

通勤ラッシュを免れるので、めちゃくちゃ通勤が楽になります。

私は平日と比べて半時間も通勤時間が変わっていました。

平日の通勤ラッシュのストレスは半端なくダメージを受けていました。

30分も余裕ができれば、朝少し寝れるし、優雅に朝ご飯が食べれるだけでもこれから働くぞ!っていう気持ちが違ってきますよね。

 

電話がほぼない

取引先が休みなのでほとんど電話がかかってきません。

とにかく自分に関係ない電話もほとんどならないので静かで集中できます。

 

社員は有給消化でほぼ休み

土曜日に有給消化をする社員が多いので、ほとんど出勤している人はいません。

逆にそれがマイペースに仕事ができて、

自分の仕事だけにひたすら集中できます。

嫌いな上司が休みの時は、嬉しくて敢えて出勤していたこともありました。笑

でも、有給がまだなかった1年目の初めの頃は

みんな周りの上司が休んでいら中、一人で仕事をしていた時は切なさしかなかったな。笑

 

コアタイムの乱用

金曜日の飲み会には付き合わないといけない時がどうしてもありますよね。

その次の日が出勤日だと最悪です。

まあ、休めば1番いいのですが、

金曜に帰宅が遅くなったとしても、土曜の朝はコアタイムを乱用して10時に出社していました。

 

別に急ぎの仕事もないし、電話も少ないし、ましてや誰が出勤するのかもわからない状況なので、周りは「あれー休みやったけ?」くらいの気分です。

 

でも、土曜日って、なんぼ集中できると思っても、めちゃくちゃいい天気だったら「なんで、こんな日に働かないかんねーん」って思ってきます。

そう思い出したら、コアタイムを乱用して16時に帰っていました。

ほとんど上司がいないので、16時に帰ってもなにも悪びれなく、問題なく帰宅していました。

 

ちなみにこのコアタイムの差し引いた時間を残業時間に抹消していました。

だから、一石二鳥で、残業時間削減にも貢献していました。

(私、チームで1番残業少なかったよ。)

 

自分が集中できる環境を知る

結局、土曜出勤を経て、私は人の多くて、忙しい環境で働くのが好きじゃないんだなと改めて気づきました。

人が休んでるいる時に変にやる気がでて、

人が働いている時に映画見に行ったり、ズル休みしたりするのが至福なんだなと気づいたのです。

自分が働きやすい環境を知って、その環境で働けるように自分でコントロールできれば最高ですよね。