FAM(Fashion/Art/Music)

FAM(好きなことで生きるなかまたちへ)

好きなことで生きていく、なかまたちへ

ブラック企業を育てるのは働く社員

どーも、アパレルヤクザのピロミです。

 

私の会社、ついに希望退職を募り出しました。

いわゆるリストラっていうやつです。

 

今日はその説明会があったのですが

それを忘れていて普通に出勤したら、社内がざわざわ。

みんな席を立ってどこかへ行くので

 

「どこ行くんですか?朝礼でしたっけ?」と上司に聴いたら

「希望退職者の説明会。お前には関係ない。」と言われました。

 

あ、そういえばそうでしたと思いながら、

みんなを「行ってらっしゃい。」と見送っていました。

 

説明会が終わり戻ってきた会社の人たちみんなから言われるのですが、

「もう少し待っとったらあなたも退職金もらえたのにな〜」と。

そう、私は今月いっぱいでアパレルヤクザから足を洗います。(=仕事を辞めます。)

 

piromi-fam.hatenablog.com

 

 

希望退職者をついに募るようになり、

6月以降に退職を申し出ていれば、会社都合での退職になるので

退職金ががっぽがっぽもらえるのです。

私はもうすでに申し出ていたので、対象者にはなれませんでした。

その希望退職者に向けた退職金の金額(後に記述します。)を聞いて驚愕してしまい、

ことごとく私はこの会社にいろいろ還元してしまったというか、

つくしてしまったというか、すごく会社に喜ばれる駒社員だったなと思ったのです。

 

 

ブラック企業を育てるのは働く社員である”

 

どっかの誰かが言っていたけど、まさにその通りやわ。

私の働きが会社を成長させているのをたまごっちで例えたら、

”おやじっち”まで余裕で育ててるで。笑

と思いながら、この2年間を返ってみました。

 

残業代は月20時間

私が入社した時は残業代は月20時間までしかもらえませんでした。

それ以上はどれだけ頑張っても手当は付きません。

そんな時に私は月100時間の残業を半年やったよね....

 

piromi-fam.hatenablog.com

 

 サビ残で会社にとても貢献したよね....

この私の貢献度により、会社の成長をたまごっちでわかりやすく例えると、

”べびっち”に進化したよ。

(わかりやすいんか...?笑)

 

残業代全額支給

あまり大きな声で言うことでもないですが、

私の会社に労基がやってきたことがあります。笑

 

 

piromi-fam.hatenablog.com

 

ひどい労働環境ではあったのですが、

労基がやってきたことで残業代が全額出るようになったのです。

ういえーい!と思っていたのもつかの間、

その頃の私は、お金より時間が欲しかったので、

上司に「給料下がってもいいので、定時に帰らして」と願ったばっかりでした。

 

piromi-fam.hatenablog.com

 

 

だから、残業代なんて20時間以下に減らしていたのです。

なんなら、「チームで1番残業代少なかったし、褒めろや!」とまで思ってましたからね。

 

 

それが会社が全額払うよって言っている時期とかぶってしまうという、

なんとバッドタイミング。

「労基さんよ、月100時間やってた時期にこいよ!このヤロー!」と思ってました。

 

全額払うよという会社とは逆に残業を減らす私の会社への貢献度により

会社はたまごっちで例えると”まるっち”に進化しました。

 

勤続3年の退職金

なんやかんや働いてきましたが

2年2ヶ月という月日を経て、私はアパレルヤクザから足を洗うことを決意します。

勤続3年以降に退職すればだいたい退職金が会社から出るのですが、

まあ満たないので、会社は、はよ辞めてくれてラッキーとでも思っていることでしょう。

 

私のこの会社への貢献度により、恒例のたまごっちで例えると、

”たまっち”くらいに進化してますよね。

 

希望退職者の退職金

そして希望退職者を募るようになってしまい、

6月まで待っていれば、退職金なんと

 

給料半年分!!!

 

をもらえて辞めれるんやって。

やべー!

 

この私の会社への貢献度、”マスクっち”に進化するレベルでしょ。笑

 

夏のボーナス

そう、そして夏まで待てば、夏のボーナスももらえてました。

私のこの会社への貢献度により、会社はついに”おやじっち”レベルになりました。笑

 

 

 

最後に

私、とにかく、よく頑張ったよな。 

お金ではなく時間が欲しくて早期退職を決断したので、後悔はないですが、

少し我慢して待てば、会社からすごいお金をもらうことも可能でした。

もちろん見返りは欲しすぎるけど、

見返りのためにこの会社にいるメリットはないなと判断しました。

仕事はきちんとやって去る時にも手のかからない模範退職社員として

崇めてほしいとも思っています。笑

 

そしてこれを読んでいるあなたよ、

退職する時にお金をもらえるだけもらいたいなら

私の逆に生きましょう!しっかり働いたのだから、しっかりもらいましょう、取り返しましょう。