FAM(Fashion/Art/Music)

FAM(好きなことで生きるなかまたちへ)

好きなことで生きていく、なかまたちへ

【時間がないは言い訳】残業月100時間の中でも転職活動はできる

どーも、アパレルヤクザのピロミです。

私はかつて月100時間の残業をしていた時期がありました。

 

この日々に耐えられず、逃げたくて転職を決意しました。

 

転職活動をした理由

とにかく当時は残業からの日々から逃げたくて逃げたくて必死でした。

今の仕事を辞めるには次に働く場所が決まっていた方が、

上司に対して辞める話す時に絶対説得力があるよなと思い、転職活動をすることにしました。

 

残業をしながら転職活動はできる?

残業月100時間している日々の中で、転職活動もするって始めは無謀だなと思っていました。

しかし、逃げたい気持ちが強くてなんとか時間を作ろうと努力しました。

残業をしながらも、どの時間を転職活動の時間へ変えていこうかと考えまくった当時を振り返ってみます。

 

仕事中に転職活動をする

私の希望していた職種は、履歴書を準備する他にポートフォリオの作成や課題などがありました。

当時は毎日5時間残業していたので、帰宅してから作成する時間がほぼありませんでした。

休日は転職に必要な面接書類等も作成しなければいけないし、確実に時間がないと思い、作品は仕事中に作成しようと思いつきました。笑

仕事でイラレ(絵を描くソフト)を使用していたので、仕事をしているように見せかけてポートフォリオの作品を作成していました。

 

必要書類も会社のコピー機で印刷

職務経歴書なども仕事中にピコピコ打って、印刷までも会社で行なっていました。

でも、これはコピー機が自分の席から近くないとできないかもしれません。

基本転職活動に必要な書類のコピーは残業時間の少し人が減った時間帯にしていました。

誰もいないことを確かめて、コピー機が動き出したら直ちに取りに向かっていました。

結構リスキーですが、全くバレなかったです。

 

面接日は土曜日を希望してみる

必要書類も仕事中に作成して準備万端!と思っていましたが、

肝心な面接の日はどうしようかと悩んでいました。

私が面接を受けに行った会社は基本土日休みのところが多かったですが、

たまに土曜も仕事をしていますというところがありました。

やっぱり平日に休みを取って面接を受けに行くのは結構難しいので、

そういう会社の面接日時は土曜日にできないかと交渉していました。

在職中であるということを伝えておけば、かなり融通はきいてもらえます。

また私の場合、遠方に面接を受けに行っていたので、そのことも素直に伝えていました。

 

面接が平日なら他の面接と日にちを合わせる

確実に土日が休みの会社は、休日に面接をお願いするわけにもいかないので、できるだけ他の面接の日と日にちを合わせることが大事です。

1日でまとめて何社か面接をするのは、時間のない在職中転職活動者にとって、とても大事なことだと思います。

 

平日の面接日は有給を取得する

どうしても平日しか面接を行なってもらえない企業(これが普通やし、そうじゃないところは逆に怪しいよな。笑)は、有給を取得して面接に挑んでいました。

 

有給取得が難しければズル休みしかない

有給を取るのが難しいや最近休みがちで怪しいと思われるのが嫌な人は、思い切ってズル休みをしてください。

面接日が毎回平日だったので、こんなに有給をとったら怪しいと思われるのが嫌で何回か熱が出た!と言って休んでいました。

次の日いろんな人から心配されますが、連日の残業とその中での転職活動なので

しんどさをアピールするのにはちょうどいい体調にはなっていました。笑

 

内定はもらえた

目標はとりあえず内定1社が決まれば、辞めることを上司に言うと決めていました。

転職活動を始めて1ヶ月、会社員として1社、内定をもらえました。

(始めはアルバイトとしてはもう1社決まってました。)

受けた会社は、書類を送っただけを含めても1ヶ月で6社は受けました。

 

アパレルヤクザは続けることにした

結局、内定先には行かずに踏みとどまりました。

踏みとどまった理由はまた違う記事で。

 

時間がないは言い訳

月100時間残業していても、転職活動はできます。

私を突き動かしていたものは、”とにかく死にたくないから逃げなきゃ”という気持ちでした。

その為なら、逆に死ぬほど努力せな逃げ出せないなと思って必死でした。

本当にやりたいことができてない時間から抜け出したいなら、なんだってできるはずです。

在職の業務を怠って転職活動をすることは、決して褒められる行動ではないとはわかっています。

でも、時間がないから出来ないっていうのは言い訳で、何としてでもやりたいことならできるよって話です。