FAM(Fashion/Art/Music)

FAM(好きなことで生きるなかまたちへ)

好きなことで生きていく、なかまたちへ

月100時間の過酷残業を乗り切ったアパレルヤクザが選ぶ、通勤セットリストベスト5曲

どーも、アパレルヤクザのピロミです。

アパレルヤクザの働く会社は労基が入るほど漆黒なのです。

 

 

 

piromi-fam.hatenablog.com

 

この記事にもちょこっと書いたのですが、1年前は月100時間ほど残業をしていました。

月100時間って、1日5時間くらい毎日残業してたことになります。

毎日13時間は会社にいて、1日の半分以上を会社で過ごしていました。

こんな生活が半年間続きました。

まあ限界が来る日があるのですが、またそれは別の記事で書きます。笑

 

音楽だけが救い

この残業の毎日を乗り切れたのは通勤時間に聴く音楽のおかげでした。

会社への通勤時間は往復2時間弱だったので、アルバム2枚を1日で聴けてしまう状況でした。

 

この通勤時間で聴いた曲の中で通勤セットリストとしてベスト5曲を紹介したいと思います。

この過酷な残業時期を乗り切れたアパレルヤクザが選んだ曲なので、最強セットリストに間違いないです!

 

 

 

通勤セットリスト<ベスト5>

感情七号線 (フラワーカンパニーズ)

まずはこの曲。

この曲を聴いてよく泣きながら帰った記憶があります。笑

「本当に 欲しいものが 見つけらなくなる」

曲の中で何度かでてくる歌詞ですが、

帰りの駐車場で私の車しかなかった時(マイカー通勤です。)、ほんまにこれが私のやりたいことなのかと何度も思いながら帰ってました。

でも最後に「はかない夢を 捨てきれず 回る」ってあるんですが、やっぱり夢は捨てきれんし、この曲を聴きまくって自分が本当にやりたいことって何かってことが見つかった気がします。

 

www.youtube.com

 

表参道26時 (サカナクション)

この曲は元気を無理やり出すときの曲。

無理やりって言いかたが悪いな。

聴いたら元気になる曲です。

イントロが好きでいつもノリノリで歌って帰ってました。笑

車の窓全開でノリノリで歌って帰っていたら(深夜だからできることです。)、パトカーのおまわりさんに職質されたことあります。笑

変なやつって思われて職質されたんかと思ったて恥ずかしいと思ってましたが、ふつうに帰りが遅かったので、「今までなにしてたんですか?」って質問でした。

「仕事だよ。」(児島だよみたいに言うな。)と言い放ち、この後も全力で歌って帰りました。笑

 

www.youtube.com

 

動画がなかったので、トレーラーをどうぞ。

 

ええねん (ウルフルズ)

この曲はダメなときもしんどいときも「ええねん」

全てを肯定し包み込んでくれる、この4文字に救われました。

ダメだったらやりなおせば良いし、しんどかったら休めばいいよって当たり前やけどなかなか忘れてしまうことを教えてくれる曲です。

 

 

www.youtube.com

 

徒然モノクローム (フジファブリック)

人生行き詰まった時によく聴く曲です。笑

歌詞にもでてくるように、

「あきらめるのはまだ早い

行き詰まった所がほら それが始まりです。」

そうだよな。まだ始まったばっかよな。と勇気づけられていた曲です。

 

www.youtube.com

 

 

 できっこないをやらなくちゃ (サンボマスター)

最後はこの曲。

この曲には1番救われた〜。

この曲も泣きながら聴いていた〜。

しかも会社から帰るときもやし、向かっているときも聴きながら泣いていた〜。笑

この曲を聴いて"わたしはできるやつ!やらねば!"と言い聞かせていました。

これも、「アイワナビーア、君の全て!」の部分を熱唱してました。

 

www.youtube.com

 

 

 最後に

イカー通勤なので、基本全力で泣いて歌ってました。笑

電車通勤の人には参考にならないかもですが、

この記事を読んだあなたにもしんどい時があるはずです。

少しでも元気に頑張れる手助けになれば〜

また明日からも服を取り立てる仕事だね〜頑張ろうね〜